第1章 「多汗症とは?」を読んだ感想

多汗症対策、多汗症改善法で有名?な
久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入したので、
さっそく読んでみた感想でも書いてみようかと思います。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


全部で9つの章に分かれているので、1つずつ
読んでみて思った事を書いていきますね。

一応念のために言っておくと、僕は多汗症に関しては
ネットの専門サイトや専門書籍などで結構勉強してきたので、
多汗症について勉強してない人より知識はある方です。
それを踏まえた上でのレビューになりますのでご了承下さい。

まず、「多汗症とはどのような症状の事を言うのか?」
という説明です。これは説明をされなくても、どういう
症状があるのかは、重度の多汗症である人ならわかる事ですね。

次に「汗は必要なもの」という解説があります。
多汗症の人間からすれば、汗なんて不必要なものになりますが、
人間は汗をかかないと生きていけないわけです。

そして、「多汗症の人に共通する特徴」があげられています。
多汗症の人の性格について書いてあります。必ずしも、
この性格だから多汗症だとは言い切れない部分もありますが、
こういう性格をしている人は精神性多汗症になりやすいです。

現に、この記事を書いている僕が、この性格に当てはまっていて、
今も重度の多汗症になって苦しんでいるのですから・・・。

続いて、「現代人は汗を気にしすぎる」とあります。
冷暖房が整っているのが当たり前の現代、汗を体がコントロール
出来ないという人が増えてきているのも原因にあると思います。

そして「汗をかくこと」について書いてあります。
現代では、汗をかくのは不潔というイメージが強く、
女性だけでなく、男性も汗をかきたがらない傾向が強いかもしれません。

久保田式多汗症改善7日間プログラムの第1章では、
簡単な多汗症についての解説がしてあるぐらいで、
ここまででは多汗症改善法については出てきていません。

久保田式多汗症プログラム購入者の口コミ、評判

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第2章 「なぜ汗をかくの?」を読んだ感想

多汗症の対策方法、多汗症改善マニュアル
久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入し、
読んでみた感想を引き続き書いていきたいと思います。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


2章では「どうして汗をかくのか?」という事についてです。
最初に「汗の大切な働き」に関してです。

どうして人間は汗をかくのか?
なぜ人間は汗をかく必要があるのか?
汗はどのようにしてかくようになっているのか?
このような内容を詳しく解説してあります。

次に「体温調節のしくみ」についてです。

「放射」「伝導対流」「蒸散」といった聞きなれない
言葉が出てきます。体温調整についての説明ですね。
汗をかかないと人間は、危険な事になるんですね。

続いて「汗腺」に関してです。
汗腺の種類、数、それぞれの役割などが書いてあります。

そして、「汗のかきかた」について。
発汗の種類、それぞれの汗のかきかたの説明がしてあります。

それから、「汗の重要な役割」が書いてあります。
僕たちのように精神性の発汗も含めた多汗症の人間には、
「汗=不必要なもの」と思い込んでしまいがちですが、
体温調整以外にも汗は様々な役割をしてくれてるんですね。

まあ、不必要に汗が出るから僕たちは困ってるわけですが・・・(^^;)

久保田式多汗症改善7日間プログラムの第2章でも、
汗が出る仕組みや、汗をかくことの重要性といった解説が
してあるぐらいで、多汗症改善するための方法については
今のところまだ出てきていません。

久保田式多汗症プログラム他の購入者の口コミ評判を見る

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第3章「良い汗、悪い汗」を読んだ感想

多汗症対策、多汗症改善法マニュアル
久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入し、
読んでみた感想を続けて書いていこうと思います。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


第3章は「良い汗、悪い汗」についてです。
同じ汗をかくなら確かに悪い汗よりも良い汗をかきたいですね。

まず、良い汗について。基本的にメリットしかありません。
逆に悪い汗は、僕たちの体にも悪い影響しか与えません。

そういう悪い汗を知らないうちに沢山かいているんですね。
こう見ると汗を全く出さずに生活をするというのは絶対無理ですよね。

次にその「悪い汗は太る?」という事が書いてあります。

どうして食事制限のダイエットでは限界があるのか?
どうすれば悪い汗を良い汗に変える事が出来るのか?という
解説をして、そのために有効な物を含んだ食べ物が紹介されています。

ただ・・・僕は普段からこの食品を毎日のように食べているので、
これが多汗症の症状を和らげるという事はないと思います。
あくまで良い汗をかくための食品と割り切った方が良いですね。

続いて「汗をかかないと太りやすい」という内容です。
どうして汗をかかない生活を送っている人が、太りやすいのか?
という説明があります。まあ、太ると汗もかきやすくなるので、
太らないっていうのも多汗症改善法の1つと言えるでしょう。

また、寝ている時などに大量に流れるような汗をかく人は、
多汗症以外に病気になっている可能性があるともあります。
僕なんかは寝て起きたら後頭部にビチョビチョの汗を
かいて枕を濡らしているわけですが、病気なんですかね・・・(;´Д`)

次に良い汗と悪い汗をチェックしましょうとありますが、
自分でリトマス紙を買って、反応を見て下さいとの事。

続いて、悪い汗を良い汗に変えるための汗腺トレーニングが
紹介されています。これ、簡単に言えば、汗を日常から
かくように生活しましょうって事なんですけど、真夏でも
やらないといけないんですかね?

真夏は過ぎましたけど、これだと真夏は全身汗だくで
過ごさないといけなくなるんですけど・・・?
真夏だと毎日地獄のような生活を送らないといけなくなります(^_^;)
正直、ただでさえ暑さに弱いのでこれは無理ですわ。笑

このあとの運動して代謝上げましょうってのはそのとおりですね。

次にお風呂での効果的なリハビリという内容です。
お風呂後が大事みたいですが、これも真夏だときついですね・・・

続けて、アポクリン線がとても重要な役割をする汗腺で、
その説明があります。色々と欧米化してる現代の日本では
確かにそうかも・・・と思いました。

久保田式多汗症改善7日間プログラムの第3章でも、
良い汗、悪い汗の知識が得られただけで、多汗症の
改善方法についてはまだ何も書いてなかったです。

久保田式多汗症プログラム 他の購入者の口コミ、評判

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第4章 「多汗症の種類」を読んだ感想

人よりも大量の汗をかく体質を改善出来ると噂の・・・
久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入し、
読んでみた感想を思ったまま書いていきますね。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


この第4章では多汗症の種類についてになります。

多汗症の種類として5種類のタイプがあげられてます。

僕の場合、この5つのタイプの中で言うと、
緊張した時や、汗が気になって仕方ない時に、季節問わず
大量のワキ汗、そして就寝時の頭部からの大量の寝汗、
また、頭部は暑く感じても、緊張しても出るので、
精神性多汗症と局所性多汗症(腋窩多汗症)の2つが
まざったような多汗症になってると思われます。

というか、ほとんどの多汗症で悩んでる人たちは、
この局所性多汗症(腋窩多汗症)、精神性多汗症で
悩んでいるんじゃないでしょうか。

本当に全身から何もしてなくても大量の汗が出るなんて
人は、僕は今まで見た事ありませんし、いても極々マレでしょう。

多くの多汗症で悩む人たちは、頭部、顔、手汗、脇汗、
おしりからの汗、足の裏の汗といったところでしょうか。

悩んでいる多汗症の箇所は違えど、皆同じ人よりも
沢山、不必要な時でも汗が出て悩んでいるわけです。

さて、そんな久保田式多汗症改善7日間プログラムの
第4章は多汗症の種類と解説のみで終わりました。

久保田式多汗症改善プログラム購入者の口コミ、評判

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第5章 「多汗症の原因」を読んだ感想

人よりも汗っかきの体質を改善出来ると評判の・・・
久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入したので、
読んでみて思った感想を書いていきますね。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


第5章は「多汗症の原因」という内容になってます。

多汗症になりうる原因として、まずストレスがあがってます。

これは僕にも当てはまる事で、凄くストレスを溜めやすい体質で、
すぐに胃が荒れたり、口内炎が出来たり、体調を悪くしたり、
また日頃から汗を沢山かいてしまう事で、ストレスが溜まるので、
多汗症であるがゆえに、人よりもさらにストレスが溜まっています。

多汗症の原因として確定するのは難しいところですが、
ストレスは万病のもとですから極力溜めないようにしたいですね。

次に食事についてかかれてますが、僕はここはそこまで重要だとは
思いません。というのも、どんな人でも食事をすれば汗をかくからです。
辛い物や熱い物を食べれば、体のどこかしらに汗をかくのは普通です。

食事もあれこれ制限するとかえってストレスになりますし。
食べ過ぎで太って汗をかきやすくなるのは避けたいとこですが(^_^;)

またコーヒーを控えるようにとありますが、コーヒーを飲めない事で
ストレスが溜まるぐらいなら飲んだ方が良いと思うのです。
食べ物と同じで摂り過ぎは良くないというぐらいで良いかなと・・・。

こう書いた理由は、僕は過去に多汗症に関して調べて、辛い物や、
コーヒーなどの刺激物が良くないと知り、数カ月に及び、それらを
一切やめた時期があったのですが、ほぼ効果なしだったからです。

次に遺伝ですが、これはそういう可能性は否定出来ないという話です。

続いて汗腺の老化について。冷房病、熱中症の話を交えながら、
汗腺が弱っているというような内容が書いてあります。

そして人には温度センサーが2つあって、それらが上手く機能して
汗の量を調節しているという内容や、冷暖房が充実した現代での
生活例をあげながら、温度センサーの役割の解説がしてあります。
冷房による変温症みたいなものらしいです。

次に、自律神経の乱れ。ほとんどの局所性多汗症(腋窩多汗症)、
精神性多汗症の人たちは、この自律神経が乱れてると思われます。

僕も例外でなく、自分で自律神経が乱れてると思ってます。
自律神経が乱れる原因は様々あると思いますが、これが乱れてるから、
ちょっと緊張するだけで滝汗が発動してしまうと思われます。

多汗症で悩んでいる人の多くが、精神性多汗症でしょうから、
その原因となっている自律神経の乱れを正常にするのが、
多汗症改善の近道になると思われます。

はい。今回の久保田式多汗症改善7日間プログラムの
第5章は多汗症の原因という内容で終わりました。
次の第6章からいよいよ多汗症の改善方法が出てきます。

久保田式多汗症改善プログラムを買った人の口コミ、評判

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第6章 「基本多汗軽減法」を読んだ感想

久保田式多汗症改善7日間プログラムを読み始めて
第6章まで来ました。いよいよ多汗症改善についての
内容に入っていくようです。レビューを続けますね。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


多汗症にはいくつか種類があるのは、ここまでの章を読んで
わかりましたが、ここでどのタイプの多汗症であっても
やってもらいたいという多汗軽減法が3つ紹介してあります。

どれか1つに取り組むのでなく、3つの多汗軽減法を行う事で
より効果が得られるそうで、基本的にこの3つの方法だけで良いそうです。

1つ目の方法は、簡単に言えば自己暗示ですね。
読んでると簡単そうですが、たぶん3つの方法の中で
一番実践して習慣化するのが難しいかなと個人的に思います。

これが出来たら確かに緊張する事が少なくなり、結果的に
多汗症の汗の量を抑えられるとは思いますが、この自己暗示を
どこまで自分で出来るかどうかにかかると思います。

やり方は、イラスト入りで説明してあるのでわかるんですが、
意識しないようにすると、かえって意識してしまうような気が
してならないのですが、取り入れてみるとします。

2つ目は、あるパーツをマッサージするんですが、
これ、僕は以前多汗症の事を調べて、このマッサージの事を
知ったのですが、マッサージを習慣化出来ずにやめてしまいました。
1つ目の自己暗示よりは遥かに簡単なので実践再開します。

3つ目は食事内容についてです。辛い物や熱い食べ物を避けようとか
そういった事ではなく、ある物質を積極的にとるようにとあります。

3つ出てきますが、メインのものはほぼ毎日とるように書いてあります。
次の食べ物はメインのものとは違うタイミングでとる必要あり。
最後の食べ物もNGとなるものがあってそれをとらないようにする事。

しかし・・・さすがに食事だけでは精神性の多汗症の改善までには
至らないかなと思いますけどね。1つ目の食材なんて僕は毎日、
当たり前に食べていますけど、多汗症改善になってませんから。

でも自己暗示やマッサージ法などは、習慣化出来てなかったので、
これらと合わせてこれから実践して効果を検証したいと思います。
この多汗症改善プログラムに否定的でいても仕方ないですからね(^_^;)

今回の久保田式多汗症改善7日間プログラムの
第6章は基本となる多汗症軽減法の紹介と解説でした。
次の第7章では、タイプ別の多汗症軽減法みたいです。

久保田式多汗症プログラム購入者の口コミ、評判を見る

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第7章 「タイプ別多汗軽減法」を読んだ感想

前の6章からいよいよ多汗症対策、改善方法が出てきた
久保田式多汗症改善7日間プログラムのレビューを続けます。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


7章では、タイプ別での多汗症軽減法という内容になってます。
多汗症の種類の事ではなく、多汗のタイプ別という意味です。

そのタイプは3つに分けられ、多汗の症状をより軽減させたい人は、
6章で出てきた多汗軽減法に加えて行う必要があるようです。
タイプ別になってますが、どれを行なっても問題ないみたいです。

まず、呼吸法とその解説がしてあります。
多汗症関連の書籍やサイトを見ていても、呼吸法は
必ずと言っても良いぐらいに登場しますね。
そのぐらい重要な事という解釈で良いんでしょうかね・・・?

まあ実践するのが難しそうという感じでもないですね。
この呼吸法をやるだけでも汗の量がかなり減ると書いてあります。
本当なんですかね〜。まあやってみないとわかりません。
現代人はただでさえ呼吸が浅いですからね〜。

次に、よく多汗症関連のサイトなどにも載ってる
自律訓練法が紹介されています。自律訓練法を行う前に
多汗の症状が出やすい部位に意識がいかないための
トレーニング法が載っています。

自律訓練法に関しては、ネットで調べて出てくる方法と
ほぼ同じですね。ちょっと違うのは、多汗で汗をかきやすい部位を
イメージして、汗をかいていないイメージを途中で入れる所です。
わかりやすくイラスト入りで解説してあります。

次にお風呂の時の汗腺トレーニングが紹介してあります。
多汗症改善のための入浴法なので、普通に入るのとは違います。
説明を見ている限りでは、上半身の多汗症向けという感じです。
2〜3週間は続ける必要があるみたいですね。
「多汗症改善7日間プログラム」じゃなかったんですかね?笑

続いて水分補給の方法と、おすすめの飲み物の紹介。
水分補給のやり方は良いと思います。ただこの飲み物に
こだわる必要はないかなと。多汗症改善に関係ないと思いますね。

次に制汗剤の作り方が書いてあります。多汗症関連のサイトにも
結構書いてある事なので、ネタバレしても良いでしょう。
ミョウバン水を作って、汗をかく部位につけましょうって事です。

あくまで僕の体験談として流してもらえれば良いんですが、
ミョウバン水で精神性の多汗症が治れば苦労しませんよ(^_^;)

ミョウバン水は、汚れを落としたり、消臭の効果は
ありますが、精神性の多汗症にはほとんど効果はありません。
やってみた僕が言うのですから間違いないです。
まあ効果がある人も中にはいるかもしれませんが・・・。

ちなみにミョウバン水以外に多汗症の汗を止められるという
オドレミン(塩化アルミニウム)が紹介されています。

オドレミンは多汗防止効果が高いとネット掲示板などでも
有名なのですが、僕はこれも全く効きませんでした。

汗が止まるどころか、増えたと錯覚してしまうほどでした。
また半信半疑で続けていくと、肌がかぶれてかゆくなり、
続けるのが困難になり、オドレミンの使用をやめましたからね。

オドレミン(塩化アルミニウム)も人によっては
汗が止まるみたいですが、僕のように重度の精神性多汗症の
人には効きにくいかなと思います。本当かぶれますよ、これ。

次に応急処置として汗を抑える方法が載っています。
これらは、本当にその場しのぎの方法で根本的な多汗症の
症状を改善出来るような方法ではありません。

そしてその後に、汗のケアや制汗剤使用の注意点、
シャワーを浴びるにあたっての注意点などが書いてあります。

この7章のタイプ別多汗症軽減法を読んで思った事は、
やはり汗に対する心の持ち方だったり、自律神経の乱れを
整えるトレーニングだったり、汗腺のトレーニングあたりが
重要なのかなという事ですね。

ミョウバン水やオドレミン(塩化アルミニウム)は、
効く人は効くでしょうが、僕には効きませんでしたからね。

さて、ここで久保田式多汗症改善7日間プログラムの
7章 タイプ別多汗症軽減法を読んだ感想は終わります。
(結局ほとんどタイプ別になってなかった気がします)

僕が期待しすぎたのもあるんでしょうけど、思っているほど
効果的な改善方法は出てきた印象が無かったですね。
地道に6章と7章にあるトレーニングを数週間やってみる事にします。

久保田式多汗症改善7日間プログラム購入者の口コミ、評判

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第8章 「汗のニオイと原因」を読んだ感想

久保田式多汗症改善7日間プログラムのレビューも
いよいよ終盤になってきました。レビュー続けます。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


この章では、汗のニオイと原因という内容になってます。
僕はワキ汗と頭部(側頭部、後頭部)の多汗症ですが、
嬉しい事にニオイが臭いとかで悩んだ事が無いのです。

あ、もちろん汗をいっぱいかいて脱いで放置してたら
臭ってる事はありますが、日常生活でニオイがきつくて
悩んだ事が無かったのです。

この章の冒頭に書いてあるように、ワキガでもないのに
多汗症=ワキガと思ってる人もいるでしょうね。
本当にワキガなら周りに人が寄ってこないものですから、
友達が普通にあなたに接してくれるならワキガじゃないです。

次にワキガかどうかをチェックする項目があります。
まあこれはネットでも普通に調べられますけどね・・・。

続いて脇汗がどうして臭うのかという解説があります。
そのあと、汗臭さを無くすため説明へと続きます。

それから制汗剤について書いてあります。
制汗剤の選び方、制汗剤の使い方、使用に際しての
注意事項、ニオイ強度別でのオススメなどが書かれています。

僕は多汗症の症状である、大量のワキ汗が抑えられたら
という理由で制汗剤を使った事がありますが、
脇汗が臭いからという理由で使った事が無いので、
「ふーん」ぐらいにしか思いませんでしたが(^_^;)

次に脇の多汗症(腋窩多汗症)や、脱毛をする現代で
出てくるようになった新しい多汗症の話が書いてあります。

ここで久保田式多汗症改善7日間プログラムの
第8章 汗のニオイと原因については終わるんですが、
ワキガの人が見たらかなり物足りないというか、
ワキガを改善する方法などは載ってないので、ワキガの人は
久保田式多汗症改善7日間プログラムは不要でしょう。

久保田式多汗症プログラム 他の購入者の口コミ、評判を見る

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


第9章 「多汗症 Q&A」を読んだ感想

久保田式多汗症改善7日間プログラムのレビューも
残すところ、この9章だけとなりました。

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html


まずは、多汗症は遺伝するのか?という質問と答え。

次に「頭部多汗症の症状、治療法を教えて下さい」という内容。

頭部(側頭部、後頭部)の多汗症である僕は、期待したのですが、
頭部多汗症の症状について何も書いておらず、治療法も書いてありません。

頭皮を清潔にすれば多汗を広めずに済むから、頭皮をしっかりと
頭皮専用のシャンプーで洗うようにとしか書いていません。ガッカリですね。
ページにボリュームを持たせるためのQ&Aなのかと思ってしまいました。

続いて漢方薬の紹介。しかし3つしか紹介されてません。
漢方薬の効き目は個人差もありますし、効くまでに結構継続しないと
いけないですし、実際服用してみないとわからないところです。

次にミョウバン水以外にニオイを抑える方法が載ってます。
ニオイだけならミョウバン水だけでも十分だと思いますが、
それでも気になる人はこれを使うと良いとの事。

それから「エッセンシャルオイルをデオドラントに利用できるか?」
という問いに、デオドラント剤の作り方が紹介してあります。

続けて、顔面多汗症についての質問。

簡単な説明と対処法が載ってますが、あくまで一時的に
使用出来るやり方であって、顔面多汗症の改善には繋がりません。
また、顔以外で代償性発汗が起こる可能性は高いと言われてます。

あくまで僕の体験談ですが、この方法では、精神性の多汗症は
ほとんど抑えられません。体温上昇による自然発汗なら、
多少抑えられるのかな・・・という感じです。

次に「多汗症は手術をしないと治らないのか?」という質問。

ほとんどの購入者が、ボトックス注射や多汗症の手術が嫌だけど、
多汗症を治したいと思って久保田式多汗症改善7日間プログラムを
買っているのに手術の紹介ってのもどうかと思いますが(^_^;)

最後に、久保田式多汗症改善7日間プログラムの販売元である
株式会社ファーストフレンズからの特典「ストレス対策マニュアル」と、
キャッシュバックキャンペーン、返金保証の案内があります。

一応、購入日から90日実践して、効果が無いと実感した場合に
購入後90日以降から30日間の間に返金申請して、条件を満たせば
手数料を引いた金額分を返金してくれるようになっているようです。

これで久保田式多汗症改善7日間プログラムのレビュー終わりです。
これから購入を検討している方の参考になれば幸いです(^_^)

僕はとりあえず第6章、7章にある多汗症状軽減法を生活に
取り入れて実践してみて、大量の汗が減るのかどうかを
効果を検証し続けていこうかと思います。

ここまで読んで頂いてありがうございました!

久保田式多汗症プログラム 実践者の感想を見る

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


久保田式多汗症改善7日間プログラム レビュー、評価 総括&返金保証について

さて、久保田式多汗症改善7日間プログラムを
内容を全て読み終えて、僕なりに思う事を書きます。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 公式サイト
http://www.ernny.com/takan/index.html


まず公式サイトに書いてあるような、
「3日で汗が止まりサラサラ、臭いも消えた」
みたいな事が書いてありますが、臭いは治まる
可能性は高いと思いますけど、3日で汗が止まる人は、
極々軽度の多汗症であるだろうと思われます。

僕は今この記事を書いてる段階で内容実践3日目ですが、
汗の量は全く減っていないと感じています。

久保田式多汗症改善7日間プログラムの名のとおり、
7日間で多汗症が治るような気配すら見えていません。
1週間で汗の量が減る人も、軽度の多汗症クラスの人でしょう。

マニュアルでも書いてありますが、重度の多汗症の人は
最低でも2週間〜3週間ぐらいは取り組んでみないと
わからないみたいです。

久保田式多汗症プログラムで、重要だと思われる内容は、
間違いなく6章と7章に出てくる多汗軽減法の実践でしょう。
僕もこれからしばらくは、このやり方を続けていくつもりです。

この多汗症改善マニュアルの内容についてですが、
どこにも載ってないような情報なのか?と言われれば、
ハッキリ言うとそんな事はありません。

インターネットや専門の書籍などを調べて勉強していれば、
目新しい方法、やり方だと思う項目は、ほとんどありません。

自分で時間をかけて、インターネットなり、専門の書籍などを
調べる時間のある人は、自分で時間をかけて調べれば無料です。
ただしこの多汗症改善マニュアルに出てくる内容に出会えるかは、
調べるあなたの運次第なところもあります。

久保田式多汗症改善7日間プログラムを購入した方が良い人は、
・とにかく時間がないけど手っ取り早く多汗症改善方法を知りたい
・自分で調べても何が正しい方法なのかわからない
・色々やってみたけどダメで、このマニュアルにかけてみたい
以上のような方になります。

この多汗症改善マニュアルには返金保証がついてます。
実践して90日経っても効果が感じられなければ返金してもらえます。

購入日から120日以内であれば返金してもらえるみたいです。
つまり、返金を申請出来るのは実質30日間ぐらいですが、
その間にアンケートに答えて提出すれば返金してもらえるそうです。

本当に効果が無いと感じたのであれば返金申請すればいいわけです。

あ、それとこの多汗症改善マニュアルを買わなくても良い人は、
市販の制汗剤や、ミョウバン水、オドレミンなどで汗が止まる人です。
こういった方は、かなり軽度の多汗症だと思いますので、
久保田式多汗症改善マニュアルを買う必要は無いと思いますね。

久保田式多汗症改善7日間プログラムの内容を実践して、
多汗症が治れば、この14800円という代金は大変安いです。

ボトックス注射は安くても1回2万円、高いのだと10万ぐらいしますし、
多汗症の手術はものにもよりますが、数十万円はしますよね。
手術によってはボトックス注射のように数カ月しかもたないのもあります。

また、多くの多汗症手術に「代償性発汗」があるのは事実です。
どこかの汗を止めれば、代わりに違う場所から出るのは自然ですよね。

以上で久保田式多汗症改善7日間プログラムの総括を終わります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

久保田式多汗症改善7日間プログラム↓
http://www.ernny.com/takan/index.html

何か疑問や質問などあればお気軽にコメント下さい。

久保田式多汗症改善7日間プログラム 購入者の評価、口コミ、レビューTOPへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。